Japan Blasting Technics Co.,ltd.
トップページ サイトマップ
会社概要 事業コンセプト 営業品目+安全対策 導入機械・設備 採用情報 各種お問い合わせ
株式会社日本発破技研 営業品目
技術力+人材力

営業品目
■ 発 破
  火 薬
■ 破 砕
    ブライスター
  ガンサイザー
■ 深 礎
■ 割 岩
【1】ビッガー
【2】パワ-スプリッター
安全対策

発 破

≪許認可 要≫
■ 発破工法   施工量、ロ−コストは、俄然 不動の地位



|

■ ベンチ発破
ベンチ面(自由面)を有効に利用して、大孔径により薬量を増やす大量土岩搬出工法です。大規模なトンネルでも採用されている。


■ ワイドスペース発破
最小抵抗線に対して孔間隔を大きく取り、破砕効果を高める工法。



|

■ 盤下げ発破
状況に応じてコントロールし易く、オールマイティに採用されている。
 

■ ゆるめ発破
主に保安物件の近接する場合に採用され、振動・騒音の低減や飛石対策に対応する。
■ 小割(転石)発破
転石などの設置面が少なく、自由面が多い場合に採用されている。




■ トレンチ発破
管敷設や水路などの溝掘に採用されている。
■ プレスプリッティング
切土法面や断面に沿って穿孔を行い、先立って発破を行う 重機の法面仕上げの負担を低減する。
■ ラインドリリング
切土法面や断面に沿って穿孔を行い、その孔には装薬せず、発破の影響をその孔までに抑える。




■ 水中発破
港湾の整備、航路の造成、橋梁の深礎などに採用されている。
■ 構造物発破
コンクリート構造物などの解体で採用されています。構造物の形状により穿孔及び発破パターンは変る。
 

■ 低爆速発破
爆速が低いタイプの爆薬で発破振動を1/2〜1/7程度に抑える。




■ 深礎発破
各橋脚の基礎掘削に採用されている。
小口径には人力穿孔、大口径にはクローラドリルを使用発破パターンはトンネルと同様の考え方
UP

CopyRight (C) Japan Blasting Technics